食後の強烈な睡魔

食後の強烈な睡魔のせいで・・・

食後の強烈な睡魔のせいで・・・

 

時々寝るタイミングがつかめなくていつ寝たらいいのか
分からなくなります。

 

家族が寝静まってしまうと家事が終わるまでずっと
起きていたり、肌の手入れが終わるまで寝られなかったり・・・
いつ寝たらいいのかよく分からなくなるのです。

 

もちろん家事が終わったタイミングや肌の手入れが
落ち着いたタイミングで寝られたらいいけれど、
そういうときに限ってなんだか眠くないのです。

 

私が眠くなるのは決まって夕飯後です。

 

夕飯が終わるのはいつも20時くらいです。

 

そこから食後のデザートを食べて満足したとたんに
睡魔に襲われます。

 

結構強烈な睡魔なので、このタイミングで
家事なんてやろうものなら失敗ばかりです。

 

かなりぼーっとした状態なので何かするよりも
仮眠を取った方が安心だと家族に言われるほどです。

 

それで仮眠を取ることがありますが、そうすると家族が
寝た後眠れなくなってしまうのです。

 

睡眠の取り方って難しいですね。
なかなか思うようにいかないものです。

 

そこで、仮眠でもスッキリできる効果が期待できる
グッスミン酵母のちからを普段から飲むように
しています。

 

嬉しい効果が期待できますよ^^

 

眠れないときの対処方法

 

20代の主婦です。
私が実践している、なかなか眠れないときの対処方法を
ご紹介いたします。

 

私が眠れないときに実践しているのは、呼吸法です。

 

眠たいのになかなか眠りにつけないなと思ったときは、
いつもこの呼吸法で眠りに付くことができます。

 

やり方は非常に簡単で、誰にでも実践できます。
まずゆっくりと5秒間かけて息を吸います。

 

そのあとゆっくりと5秒間かけて息を吐きます。
ここで大切なのは、ただ呼吸することに集中することです。

 

眠ろうとするのではなく、呼吸をすることに意識を集中させます。

 

そして、体がベッド、もしくは布団に埋もれて沈むようなイメージを
頭に思い描いてください。

 

だんだん意識が薄れていくような感覚になったらうまくできている証拠です。
眠れないときの原因は、眠ろうとしすぎて逆に目がさえるからです。

 

私はこの方法を眠れないときに実践して、今のところ
100%眠りに付くことができます。

 

とても簡単にできますので、是非皆さんもやってみてください。

 

睡眠に関する事は、まずイライラしないことが大切ですから
簡単に長期間続ける事ができる内容の方が良いですよね。

 

ただ、カンタンだからといってその内容を疑わずに
信じてやり続けてみましょう。