睡眠時間が年齢とともに少ない

睡眠時間が年齢とともに少なくなってきている

睡眠時間が年齢とともに少なくなってきている気が
しています。

 

学生時代は休日になると疲れがたまっていることもあり、
翌日の夕方まで連続して寝ていたことがあります。

 

睡眠時間は16時間の事も珍しくなく母親に起こされなければ
もっと眠れていたと思います。

 

社会人になってからも睡眠時間がたりないと日中睡魔が
襲ってくるのでなるべく寝るように努力していましたが、
最近は朝早く起きてしまうことがあります。

 

トイレに行きたいという欲求から目が覚めることもありますが、
寝続ける体力が落ちてきていると思っています。

 

よく年を取るにつれて早起きになるといいますが、
わかる気がします。

 

朝早くおきると睡眠時間が短くなっていることは確かなので、
一日のどこかで調整している感じです。

 

不思議なのは出張にいくときに電車を利用しますが、座ると必ず
睡魔が襲ってくるのでいつのまにか寝てしまいます。

 

たとえ10分でもひと眠りできれば頭がすっきりするので睡眠時間ではなく
質ではないかなと思います。

 

睡眠が足りなくてもどこかで補っているので加齢による睡眠時間の
減少はあまり気にしないようにしています。

 

睡眠不足のときにはじめて薬のサンプルもらいました

 

世の中には睡眠時間が五時間くらいでも、元気に
生活している人達がいます。

 

羨ましいです。私は睡眠時間を長くとらないと、体がもちません。

 

睡眠時間が短かければ、仕事も趣味も沢山できることでしょう。

 

なんども睡眠時間の短縮に挑戦するのですが、やっぱりだめです。

 

だから、このことはもう諦めています。
そんなことよりも、睡眠の質を良くする方が美容にも健康にも良い筈です。

 

そんな私でも心配事があるときは、睡眠不足になります。
眠りたくても眠れなくて、すぐに体調を崩します。

 

お腹の調子を整える効果があるハーブティーを飲むと、少し眠りやすくなります。
心配のストレスで、胃腸の調子が悪くなって、よく眠れないようです。

 

けれどもハーブティーを飲んでも、完全に良くなるわけではありません。
気だるく冴えない顔をして、ドラッグストアに買い物に行きました。

 

するとレジの女性が私の顔を見て、なぜか胃腸薬のサンプルを
入れてくれました。

 

何度もこのドラッグストアを利用していますが、薬のサンプルを
貰ったのは初めてです。

 

どうやら胃腸が悪いことが、顔色でバレたようです。
さすがベテランの店員さんです。

 

そこで、気持ちよく眠りにつきたいときは
睡眠薬なども良いかもしれませんが、サプリメントも
ありますので安心して服用してみてはいかがでしょうか。

 

グッスミン酵母のちからというサプリ
オススメですよ^^