睡眠障害から復活した話

睡眠障害から復活した話

睡眠障害から復活した話をご覧ください。

 

私は20年弱の間、睡眠障害に悩まされておりました。

 

そのことで、現在心療内科にも通院しています。

 

寝る前にベンザリンという薬をこの前まで飲んでおりました。

 

この前までというのは、3日前から断薬しているからです。

 

なぜ眠れないのかに何となく気づき、眠る努力をしたところ、
薬を飲まずとも眠れるようになったのでした。

 

当然、断薬まだ3日ですから寝つきは悪いです。
しかし十分満足のいく睡眠はとれています。

 

そこで、今日は私がしている眠るための努力の話を
させていただきます。

 

ぬるめのお風呂にゆっくり30分は浸かること。

 

眠る前にアブローラーで腹筋を鍛える事。

 

布団に入ったならば雑念は捨て、頭の中を空にし、
瞑想するように眠ることの3つだけです。

 

私は今まで必ずと言っていいほど、考え事は布団の中で
していました。それも無意識にです。

 

これでは眠れるわけがないのも頷けます。

 

考え事を止めるのは、簡単なことのように思えますが、
今までの私の状況では簡単ではなかったのかもしれません。

 

状況が好転し、入浴・運動・瞑想を心がけるように
なってからは、薬に頼ることなく、気持ちよく眠れています。

 

都内でちょっとした睡眠を取る方法

 

昼間に外に出て生活をしていると、ふと眠くなってしまう、
仮眠を取りたいと思う瞬間はだれでもあると思います。

 

そんなときに、手軽に安心して睡眠を取ることができたら、
と思ったことはありませんか。

 

今回は都内で仮眠を取る際に手軽に
利用できるオススメポインを紹介したいと思います。

 

意外に快適なインターネットカフェ。

 

最近のインターネットは、以前の狭くて暗い雰囲気とは違い、
明るく清潔なイメージの場所となっています。

 

多くのインターネットカフェでは、フルフラットで足を
伸ばしてくつろげる個室があり、無料でブランケットやアイマスクを
貸してもらえるサービスがあります。

 

睡眠したいニーズに応えるためのさまざまな席や
オプションを用意しています。

 

値段もパック料金で安くなることが多いですし、
ちょっとした休憩にはオススメの場所です。

 

そして、実はリーズナブルなビジネスホテル。

 

また、都内ではビジネスホテルでの睡眠も手軽に
取ることができるプランを用意していることろが多くあります。

 

ホテルで一休みというと、高いイメージがありますが、
各ホテルショートステイ用のプランを用意していたり、
お得なサービスを提供しているところが多いようです。

 

探して見るとリーズナブルに休めるところが沢山あります。

 

ホテルでの睡眠のメリットはなんといっても、快適な
ベッドで休めるということです。

 

本格的に体を休めたいときはやっぱりベッドでの
睡眠にかぎりますよね。

 

そんなときにはビジネスホテルの仮眠プランを
利用して見るのもひとつの手です。

 

あと、グッスミン酵母のちからというサプリメント
睡眠の悩みを解消する効果が期待できます。

 

リラックスの場、スーパー銭湯
体も休めて、ゆっくりしたい場合は、スーパー銭湯がオススメです。

 

手ぶらで利用できる施設も多くありますし、施設内に
様々なリラックスサービスを併設しているところが多いため、
マッサージなど癒しの体験を受けながら仮眠を行うことができます。

 

いかがでしたか。ゆっくり睡眠を取る上で大切なのは、
安心して休める空間があることです。

 

外に出ているときでも少し休みたいときなどは、
これらのサービスを使って、リラックスをしてみてはいかがでしょうか。