睡眠の質をあげる

睡眠の質をあげるためには

睡眠の質をあげるためには

 

朝目覚めても何となくすっきりしないという方や、しっかり寝た気が
しないという方は多いと思います。

 

目覚めが悪いとなかなか疲れも取れませんし、1日の仕事を
張り切って頑張れません。

 

私も実際、朝目覚ましの音で起きても、頭がぼーっとして、
なかなか布団から出られなかった経験が何度もあります。

 

しかし決まってそんな時は前日の夜の過ごし方が悪いのです。

 

質の良い睡眠のためには、前日の夜の悪い習慣を改めることが大切です。

 

朝気持ちよく目覚めるために実際に私が行ったこととして、
まず寝る3時間前には食事をしないということが挙げられます。

 

睡眠中は胃の活動がストップするため、食べ物を消化する前に
寝てしまうと体に負担がかかってしまうそうです。

 

仕事で夜ご飯が遅くなることもありましたが、そんな時は消化の
良いスープなどで済ませるなどして、工夫をしました。

 

また布団の中でのストレッチも睡眠の質を上げるためには
効果的でした。

 

ぐーっと足を伸ばしたり、曲げたりすると体が伸びて気持ち良いですし、
翌日もすっきり目覚めることができます。

 

入浴は睡眠の1時間前に行うようにしましょう

 

仕事から帰ってくる、またはある程度家事が終わると
早く寝るために早めにお風呂に入ってしまう女性の方が
非常に多いです。

 

しかしこの行動が睡眠に大きく影響をしてしまっている事を
しっかりと覚えておくようにしましょう。

 

睡眠と入浴は非常に深い関係を持っています。

 

入浴をする際は睡眠の事を意識して行うようにしましょう。

 

まず1つ言えるのは布団に入る1時間前などに入浴を
するようにしましょう。

 

入浴をする事によって、体がしっかりと温まり結構が
良くなります。

 

この状態が1番質の良い睡眠を取る事ができる状態に
なります。

 

つまり早めに入浴をしてしまう事によって、体が冷えてしまい
なかなか寝付く事ができない状態になってしまう場合もあります。

 

また寝る直前に入ってしまう事によって、体が温まりすぎてしまうので
寝付く事ができない状態になってしまいます。

 

その日によって睡眠時間が異なっている方が多いので
計算をして睡眠を取るのはなかなか難しい部分に
なってしまいますが、毎日何時に寝るかを考えるとしっかりと
行動をする事ができます。

 

そして、眠る1時間前くらにサプリメントの
グッスミン酵母のちからを飲んでから就寝すると、
翌朝グッスリです^^

 

というのもライオンが開発した酵母が
配合されているからです。